夏のエアコン、光熱費を下げるコツ!

愛知県を中心に東海地域で活動しているお金の専門家ファイナンシャルプランナーのまえだです。

 

昨日は今年初の台風が上陸して、

東海地域は大雨と強風がありました。

 

台風が去りついに梅雨明け宣言になりそうです。

 

本日は本格的な夏の前に、エアコンの電気代を抑えながら、

効率よく使用できる方法をご紹介いたします。

 

暑い日が続きますが、エアコンを上手に活用し、快適に過ごしていきたいですね。

 

 

①フィルターの掃除をこまめにする

フィルターの掃除は2週間に1回が理想的。

フィルター清掃により約4%の節電に繋がるそうです。

 

②エアコンをONにする前に一度窓を開ける

帰宅したらすぐにエアコンを付けたくなりますが、

部屋が外気より暖かい時は、一度換気して暖かい空気を

外に出すことで早く部屋を冷やすことが出来ます。

 

③風力は「自動」に設定する

「自動」に設定することで、部屋が冷えるまでは強風、

その後は微風というように効率的に運転してくれます。

 

また、風向きルーバーを上向き、あるいは水平方向に調節することで、

部屋の空気が循環するようになります。

扇風機や空気清浄機を併用することもオススメです。

 

④設定温度を上げる、ON/OFFを繰り返さない

設定温度を1℃上げるだけで、約13%の節電となります。

またエアコンは稼動時に多くの電気を使用するため、

すぐに戻れる外出であれば、

エアコンを稼動させたままの方が電気代を節約することができます。

夏の光熱費は高くなりますが、

ちょっとした工夫と手入れで電気代が下がります。

 

熱中症や病気になってしまったら、

医療費が高くつきますのでお気をつけて下さいね。


前田 洋佑
著者:前田 洋佑

MYFP代表。MYFPではライフプラン、住宅ローン、保険など家計の見直しをお手伝い致します。

URL:https://myfp-office.com